長崎県”人間と性”教育研究協議会


会則                                                                        

長崎県"人間と性”教育研究協議会会則 会則                       入会案内    戻る




第1章 総則


第1条(名称)

本会は、長崎県"人間と性”教育研究協議会(略称「長崎性教協」)と称する。

第2条(目的)

本会は、性教協設立趣旨のそい、性教育の実践に関する諸問題、特に長崎県内の問題について研究することを目的とする。




第2章 事業


第3条(事業)

本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

    1 年に1度の性教育1日セミナーの開催

    2 定例会を年6回開催

    3 会報等の発行

    4 各種研究会、講演会などへの講師斡旋、および派遣

    5 関係諸団体との連絡、協力、提携

    6 その他必要と認める事項




第3章 会員


第4条(会員)

    本会は、設立趣意(全国性教協、設立趣旨と同様)に賛同し、会則を認め、会費を納入した

    個人によって構成される




第4章 組織および運営


第5条(役員)

本会の事業を行うために、次の役員をおく。

         代表 1名      事務局長 1名    研究局長 1名       監査 2名

         ※この中から全国幹事会1名を選出し、年2回の全国幹事会に出席する。

第6条(総会)

総会は年1回開かれ、次の事項を審議決定する。

    1 活動報告および活動方針

    2 事業計画

    3 会則の改正

    4 その他必要と認める事項

第7条(部局)

長崎性教協事務局スタッフの中に次の部局を置く。

    ○事務局−庶務、渉外、連絡、会計など

    ○研究局−研究などの企画運営、情報収集・提供など

    ○編集局−機関紙の発行

また、業務の必要に応じて、部局および委員会を設けることができる。




第5章 会計


第8条(経費)

     本会の経費は、会費、事業収入、寄付金その他をもってあてる。

     年会費を6000円(5000円は本部に納入する)とする。

第9条(監査)

    本会の収支決算は、総会(9月定例会)に報告。承認を受けるものとする。

第10条(会計年度)

    本会の会計年度は、8月1日より7月31日までとする。

付則 この会則は、1990年11月より施行

改正 1994年9月17日